エイアイビューライフ(A.I.Viewlife)

見守りシステム(センサー)の種類から探す!!

既存のナースコールに連動させられる見守りセンサー特集の画像

見守りセンサーの種類は大きく分けて、センサーマット、シートセンサー、超音波・赤外線センサー、センサーベッドの4種類。

加えて、ナースコールに連動させて使う商品と、ナースコールがなくても使える商品でタイプが異なります。

見守りセンサーを導入する際は、検討している施設の状況に合った商品を選ぶ事が重要です。

まずは検討しているセンサーを選んでいただき、センサーごとの特徴やメリット、デメリットを確認。それぞれおすすめの商品についても紹介いたします。

エイアイビューライフの見守りセンサー(離床センサー、介護センサー)について調べました。

エイアイビューライフ「A.I.Viewlife(エイアイビューライフ)」

業界初!広角赤外線センサーカメラが見える化を拡大!

エイアイビューライフ株式会社は、業界初の広角IR(赤外線)センサーカメラ搭載の「A.I.Viewlife (エイアイ ビューライフ)」を開発。これにより、従来のセンサーでは見えにくかったスポットまで可視化できるようになりました。

画像は個人情報漏洩に対応しているためにシルエットとなっていますが、3次元画像処理をしているので、被介護者のさまざまな動作を検知しやすいのも特徴です。被介護者の安全と介護施設における業務の負担を軽減することを目的とした見守りシステムです。

非接触型!天井取り付けの生体センサー

生体センサーはベッド周辺のみを対象に、被介護者の呼吸と体動測定をリアルタイムで検知。ベッド上の生体情報をモバイル端末に3段階で表示します。布団などの遮蔽物の影響は受けず、天井取り付けなのでケーブルに足を取られるなどのアクシデントの恐れもありません。周波数を4チャンネルまで分離できるので多床室でも使えます。

生体モニターによって夜勤業務に必要となる生体情報がリアルタイムに得られ、異常発生時にはアラートと音声で通知。すぐに駆けつけることができます。

動作を24時間体制で検知&記録

行動検知は24時間体制で行われ、赤外線センサーカメラによる行動検知と生体センサーの履歴データは全て自動記録されます。これらの記録はモバイル端末やサーバパソコンで閲覧でき、外部出力することも可能。

導入台数や検知記録によりますが、保存期間は2~3カ月となります。

おすすめの離床センサーとは?
介護施設・病院で使用できる種類や使用方法を見る

エイアイビューライフ「A.I.Viewlife」の特徴

商品説明

A.I.Viewlifeは、モバイル端末とサーバーPCに広角赤外線センサーカメラと天井取り付け式の生体モニターを連動させた見守りシステムです。広角カメラの見守り対象は居室内全域です。またベッド周辺を対象にした生体センサーは、被介護者の呼吸と体動測定を実施。カメラと生体センサーを連動させ、被介護者の危険予兆動作や危険状態をいちはやく検知します。

エイアイビューライフ「A.I.Viewlife」の
導入事例と口コミ・評判

導入事例

北海道から九州までの特別養護老人ホームや住宅型の有料老人ホームに設置

以前はアラートに振り回されている感じでしたが、今はアラートが鳴っても、居室の様子を確認しながら向かえるので、以前より焦ったりストレスに感じることが減りました。また、見守りエリアの画像が広いので動作確認が容易にでき、安心して他の作業を進めることができます。

参照元:エイアイビューライフ公式HP
https://aiview.life/effect/

エイ アイ ビューライフ の会社概要

会社名 エイ アイ ビューライフ 株式会社
所在地 東京都千代田区隼町 2?13 US半蔵門ビル201
営業時間 公式HPに記載なし
定休日 土・日・祝日
電話番号 03-6261-6327
URL https://aiview.life/

見守りセンサー・離床センサーの
その他の製品・メーカー・販売会社を見る

見守りシステム(センサー)の種類から探す!!

既存のナースコールに連動させられる見守りセンサー特集の画像

見守りセンサーの種類は大きく分けて、マットセンサー、シートセンサー、超音波・赤外線センサー、センサーベッドの4種類。

加えて、ナースコールに連動させて使う商品と、ナースコールがなくても使える商品でタイプが異なります。

見守りセンサーを導入する際は、検討している施設の状況に合った商品を選ぶ事が重要です。

まずは検討しているセンサーを選んでいただき、センサーごとの特徴やメリット、デメリットを確認。それぞれおすすめの商品についても紹介いたします。

手軽に導入できる!
簡易ナースコール
簡易ナースコールの商品写真引用元:ハカルプラス公式HP
http://care-ai.jp/product/product04/#tab-2

マットセンサーやシートセンサーといった見守りセンサーと同じ受信機で通知を受け取れる簡易ナースコールをご紹介します。

コンセントの配線を使って通信するので簡単に設置でき、壊れたナースコールの代替品にもなる便利なアイテムです。 通常のナースコールのように会話はできませんが、「通知音があれば良い」という施設は必見です!

離床センサー・センサーマットの比較